FC2ブログ
理学療法士になりました                    ~リハビリ 日々是好日~
リハビリスタッフとして仕事をしながら、日々思うこと、記憶に残ったことを記録していきます。

プロフィール

どら吉

Author:どら吉
年齢   : 39歳
性別   : 男性
略歴   : 大学  ドイツ文学科を専攻
     : その後 金融機関に就職
           システムエンジニア
     : 退職後 専門学校に入学
           理学療法学科を専攻
     : その後 病院・診療所に勤務
     : 現在  診療所にて
           通所リハビリ業務
           訪問リハビリ業務



カテゴリ



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


HFNCについて

こんばんは。

 いぜん、HOTとHFNCについて、というタイトルにて記事を載せましたが、、、、

HFNC については、説明するスペースがありませんでした。

後日説明します、、と書いておいて忘れてしまうこと多いので、本日説明します。
product02n_02.jpg   th_20150529225559376.jpg
絵的には、こんな感じです。。。ズームアップすると。。
respiratr.gif   yjimage_20150529225556ab6.jpg
 こんなかんじです。

HFNC  ・・・ High Flow Nasal Cannulae ま、つまり、高流量の酸素を、鼻から流す ってことです。。

ま、 ハイフローシステム で良いかと思います。

利点としては、、 (HOTと比較して、です)

・   会話や飲食が楽
◎  加温、加湿されているので、鼻が楽 (これが最も大きいですね。普通のHOTは乾燥しすぎです)
・   高流量によって、肺の洗い流し効果( 死腔が減ります ) で、CO2の再吸入が起きにくい
    → これが特徴ですが、、、分かりにくいですよね。。。あとで説明します。

・ PEEP効果が期待できる  (これもま、PEEPって?というひともいるかと思いますが。。)
    → positive endexpiratory pressure:呼気終末陽圧 
      ま、吐き終わった呼気に余裕ができるってな感じで。。苦しくないッて感じです。。。
・ 呼吸仕事量の軽減
・ 装着の際に、不快感が少ない

さて、、高流量?と言われても、、ですが、、、

例えば、 HOTにて、 1分に1リットルの酸素を入れるとすると。。。。
               100%の 酸素を鼻のカニューレに入れても、 実際には肺に入るのは 26%です。

空気は、20%が酸素、 80%が窒素 と考えると、まぁ、普通の空気よりマシってな具合です。

HFNC だと、、、、   1分に50リットルの酸素を入れたとすると、、、、
                 60%の 酸素を鼻のカニューレに入れると、、実際に肺に入るのは 56.8%です。

ほぼ、入れた酸素がしっかりと肺まで入ります。。。 意味わかります?

◎に述べた、 加湿、加温の部分ですが、、、

たとえば、 HOTのように、加湿・加温が不十分な酸素を供給すると、、、

 ・ 鼻や口の乾燥
 ・ 目の痛み
 ・ マスクが不快
 ・ 眼や鼻の傷害
 ・ 気道での炎症が発生
 ・ 気道の粘膜の傷害  → これ重要です。HOTでは、肺炎のリスク、あります。

breth5.png

 さて、死腔とは、普段の呼吸で、空気が入れ替わらない容量、の部分です。
だいたい図の黒いところの容量は、、、死腔です。 これがあるから、肺も膨らんでいるのではありますが、
ただ、呼吸の疾患がある方は、この容量が異常に多い。。空気がしっかり換気できていないのです。。

 HFNCによって、 換気の効率がよくなると、 
◎ 呼吸数が減る
◎ 胸郭と腹部運動の協調性 が改善

することで、多くの方が呼吸が楽になったと実感しているようです。
成人だけでなく、低出生体重児など、乳幼児に対しても用いられてきています。

 このシステムは、 マスクでの換気の前段階として、是非とも試したいところです。
欧米では主流となってきています。

 HOTよりも高い効果が出ており、何よりも加温・加湿ができます。

今後の呼吸器疾患への対応、この装置の広がりを期待しています。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。