FC2ブログ
理学療法士になりました                    ~リハビリ 日々是好日~
リハビリスタッフとして仕事をしながら、日々思うこと、記憶に残ったことを記録していきます。

プロフィール

どら吉

Author:どら吉
年齢   : 39歳
性別   : 男性
略歴   : 大学  ドイツ文学科を専攻
     : その後 金融機関に就職
           システムエンジニア
     : 退職後 専門学校に入学
           理学療法学科を専攻
     : その後 病院・診療所に勤務
     : 現在  診療所にて
           通所リハビリ業務
           訪問リハビリ業務



カテゴリ



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログをはじめました!

はじめまして

なにというきっかけはないのですが、ブログなるものを始めていきます。
療法士としての仕事をしていると、スポーツの分野や小児の分野を除くと、
高齢者と言われる範囲の人々を相手にする機会が多いのです。

そしてまた、医療保険ではなく、介護保険の分野で仕事をしていると、
リハビリの対象となる人々は自宅や施設を中心に生活をしていますので、
自然とその人々の日常生活に基づいたお話をする機会が多くなります。
場合によっては医師や看護師、ケアマネージャーや介護職員よりも長い時間、
二人きりでの会話を続ける機会に恵まれます。

ここでは、現在その介護保険分野にて、通所リハビリテーション・訪問リハビリテーション
と言われる仕事をしている自分が、
普段のリハビリ中の利用者様との会話の中で気がついたこと、感じたこと、
または会話そのものについて、少し書き残していきたいと思います。

その他に、リハビリの仕事をしていて自分が個人的に考えている事、
または自分の個人的な出来事などに関しても、軽く書き添えていきたいと思います。

普段仕事上で接する利用者様は、自分よりよほど年配者です。ということは人生の先輩方です。
自分より長くこの世に生きている、存在しているということだけで、
基本的には尊敬に値すると自分は思っています。
そういう人々と些細な会話の中でかわす言葉には、非常に感銘を受けるものがあります。
残念ながらこういうことは個人差があります。私にはピンと来てもあなたにこない、
なんてことはざらにあります。なので自分勝手な記録となるに違いありません。

残念なのは、高齢者の中には身体機能や認知面の問題もある人もいるので、
一度ふっと出てきた言葉を、次にお会いしたときに同じように聞けるとは限りません。
あんなすごいことをおっしゃっていた方が、今はまったくコミュニケーションがとれない、
となることは少なくありません。

以上のように、このブログは自分の日々の仕事の中から得た金言集としたい
と勝手に思っているわけです。ブログは初めてですし、続くかへたるか分かりません。

ただ、自分の仕事の醍醐味は、リハビリによって相手の状態をより良いものにしていくこと
が第一ではありますが、
それと共に、人生の先輩である相手とのやりとりの中からいろいろなものを吸収していくこと
にもあると思っています。
後者は相手のためにはあまりならないところが心苦しいところですが。

とりあえず開始してみます。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。